FC2ブログ

講演会のお知らせ ボーダーズ 境界⇒越境⇒しなやかなセーフティボーダーの生成へ

ボーダーズ

境界⇒越境⇒しなやかなセーフティー・ボーダーの生成へ

私達は様々なボーダー(境界)内で生活しています。ここでボーダーとは、自分と他人、家族と世間、仲間と外部、会社と社会、そして国境、人間とそれ以外の生物、さらには大気圏といった制度的、物理的なものから、自分にとっての超えられない壁(感情的境界線)というようなメンタルなボーダーに至るまで広く含みます。

現代社会においては、ボーダーは刻々と更新されていきます。また、グローバル化によって国境というボーダーが確固たるものでなくなりフラット化の方向へ進む動きとボーダー内の独自性を維持しようという動きがせめぎ合っています。

今や既存のボーダー内に自分のセーフティーエリアを確保することは難しくなりつつあります。ですからリスクを冒してでも越境することが自らの安全確保のために必要となってきます。また感情的境界線を超えるのは思考や理念ではなく行動、つまり現実的な実践なのだということを具体例を示しつつ説明します。「自分を変える」と口に出す人が自分を変えられない理由は自分の環境を変える実践的行動を伴わないからなのです。

しかしそうはいってもボーダーレスというのは生命、自己、共同体の維持を脅かすものですからどこかに自らを守るためのボーダーを設定する必要があります。

今回の講演会では、既成のボーダー、自分で心理的に作り上げてしまったボーダー内で安住を求めることの危険性、さらにそのボーダーをどう越境していくか、そして自分や共同体を維持するためにしなやかな透過性の高い複数のボーダーを生成していくというゴールを目指して話します。

「まずは聞く力、読む力、受け入れる力を養うことから外部とつながれる自分を作ろう」というポレポレ課外授業第1課(「踊らされるな、自ら踊れ」の原型となりました)、「自分の殻には閉じこもっていられない、扉を開けよう、点から線へ、線から面へ」というポレポレ課外授業第2講、「人とつながるための武器としての言語」というポレポレ課外授業第3講、「社会と自分をつなげる仕事というものへの向き合い方」について考察したポレポレ課外授業第4課(いずれもUstで無料視聴可能です)を踏襲しながら、これからの時代の中で自分や共同体を守りながら新たな可能性を開いていく方法について一緒に考えていきましょう。


6月30日(日) 西きょうじのポレポレ課外授業 第5課「ボーダーズ〜境界⇒越境⇒しなやかなセーフティー・ボーダーの生成へ〜」申込開始です。下記フォームよりお申し込みください。  http://my.formman.com/form/pc/aQNBoUaFE4UcIJZf/ …

スポンサーサイト

12月9日講演会への覚書 ツイート集(2)

講演会の原稿作成中です。講演会詳細はこちらhttp://t.co/DNGsqS2b
当日参加も可能になりました。
これまでの講演会や、場面切り取りのユーチューブなどはこちらhttp://www.facebook.com/home.php#!/nishikouennkaiでご覧ください。Be wild! 月に吠える、が一番閲覧多いようです。

ずっと、講演会の構想を考えていると、結局、ハンア・アーレント「人間の条件」とギデンズ「第3の道」を読みなおさねばならなくなってきた。時間がないのに、原点回帰。

そうなるとイリイチ「シャドウワーク」は避けて通れない。無報酬の仕事(家事など)が社会を支えている、それをないがしろにしていると、あるいはそれを市場経済の中に放り込んでしまうと社会は軋み始めるだろう。仕事とマネタイズはイコールではない

真剣に生きようとしている人が、「仕方が無い」、という言葉を一切言わないようにすれば、せめていう回数を減らすようにすれば、自分の可能性を活かせるのではないか、と思う。妥協ではなく一切を引き受けつつ自分なりの可能性を手繰り寄せようとすること。...講演会大丈夫かな?発言、矛盾だらけだ

最近、「だって仕方ない」と言われた時に、ちょっと昔の顔になって、「本当に、絶対に、仕方、がないのか」と言ったら怯えられた。仕方はあるだろう、それは人のあり方なのだから。自ら隷従の道を歩むな、と言いたかったのだが、相手がすくんでしまったので話題をそらしてあげた

偉くなってシステムを変えるために偉くなろうと思っても、システムを変えるという考えを放棄することが偉くなるための手段であるという官僚的ダブルバインド。これを越えるには組織の外部と繋がることが必要。Webも一つの手段となる。津田さんの「ウェブ動」を自分の講演会テーマに連結してみた。

そういう時代に、変化する力がないと気付かぬうちに気づくと居場所をうしなっていることさえある。声が届かぬ所に話しかけても意味はないが声が届く所にいる人に話しかけることから、声が届かぬ所にいる人にも居場所があるような社会の仕組み作りに向かう可能性を切り開こうというような話になった。

今の時代にワーカホーリックになることは社会資本を食いつぶすことにもなりかねない。仕事のために家族を顧みられないならば、仕事のために笑顔を忘れてしまうならば、自分を損なうばかりでなく、それ自体社会的損失ともなる。

社会を変えていく必要はありますが、一気に変わるものでもなく、無理にそうしようとすると本来の意図とは離れた手段をとることになってしまうものです。複雑な問題を単純化してイエスかノーかに還元することは思考に対する耐性がないからで、小さいイエスやノーを積み重ねながら非直線的に進めよう。

講演会の資料としていわゆる就活の自己分析シートみたいなものを見てみたが、こんなことやればやるほど自分にレッテル貼りをし、自分を狭めるばかりだと思う。~に向いてます、と言われて~分野の仕事をやろう、なんぞどうしようもない愚か者だ。まず苦手な嫌いな分野を知る、あとは何でもやってみる!

ロボットが職を奪う~自動販売機で買うより、「飲みすぎないようにね」といってスルメをおまけにくれるばあさんがいる酒屋でビールを買いたい、というような社会意識をどこまで共有できるか、ということも大切になってくると思います。時代錯誤ではなく、新たな時代の人間関係資本づくりに向けて。


こういう考察もすべて講演会原稿から割愛した。イリイチのシャドウワークの最終章「われわれは「もつこと」と「すること」と「いること」の関係を問いなおさなければならなくなっているのではないか」。 私が持ち込みたかったのは子どもに限らず誰かがそこにいること自体が経済資本となるということ。

やりたいことは何だろうと考え始めた時点でその段階ではやりたいことなどないのだ。やりたいことを仕事にするとか戯言に振り回されずにイヤじゃないことを選んで働けばいい。そのうちにやりたいことが偶然現れたらそこに向かえばいい。現れなくても大したことではない。

就活うまくいかないという人の中にはこんなひどいのも少なくない。まず相手が知りたいことを察知できない。「この会社は自分にあっている」という恐ろしくバカらしい志望動機を口にできる。恋愛に置き換えてみればわかる話です。「君は僕にあっているからつきあってくれませんか」正気かと思いますね。

http://www.facebook.com/home.php#!/nishikouennkai

講演会を行います

西きょうじのポレポレ課外授業第4課

来る12月9日15時から講談社ホールで講演会を行います。
テーマは「これからの時代に仕事とどう向き合うか」です。

技術革新が失業を生みだし続け、人間の仕事が機械にとって代わられていく時代に、
会社が「カイシャ」として個人の生活を包摂することがなくなった時代に、
私たちは自分の仕事とどう向き合っていくのか、どこに幸福を見出していくのか、
というような大きなテーマに向き合ってみたいと考えています。

仕事は言わば社会と自分が接する所に位置しています。社会の中で生きる以上、人は何らかの形で仕事と関わって生きていくことになります。これから仕事を選ぶ人、今の仕事に疑問を感じている人、あるいは今の仕事に満足しているからこそ急速に変化する時代の中で将来への不安を感じている人、仕事を減らして仕事と生活のバランスについて考えてみようと思う人など、様々なスタンスがあるでしょうが、自分にとって「仕事」とは何なのかを一度原点に帰って考えてみることは誰にとっても意味があるものと思われます。

個々の人に対して結論を示す相談会でも、一つの結論を強調する自己啓発型のセミナーでもありませんが、仕事について原点から考え、今の時代に生きていくのに何が大切なことなのかを伝えられれば、と考えています。是非ふるってご参加ください。

なお、今回は定員250名となりますが、早期締め切りが予想されますので、参加の意志ある方はできる限り早めにお手続きください。
http://t.co/gwJpa2FWhttp://t.co/3KK24aUR

6月17日 西きょうじ×津田大介トークライブ

6月17日、18:30から講談社(最寄り駅:護国寺)で出版記念イベント、西きょうじ×津田大介トークライブ「情報以前の知的作法」を開催!を開催します。

来場者には西きょうじ最新刊「踊らされるな自ら踊れ」を全員にプレゼント。

――――――――――――――――――――――――――――――
【開催情報】
――――――――――――――――――――――――――――――
■日  時: 6月17日午後6時会場 午後6時半開演

■場  所: 株式会社講談社本社

■内  容: 
第1部 西きょうじ基調講演「聞く・読む・変わる・生活を豊かにするヒント」
第2部 西きょうじ×津田大介トークセッション「騙されないための知的作法」

■アクセス: 
東京都文京区音羽2-1-12-21
有楽町線護国寺駅 下車すぐ
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html

■入場料:1300円(事前にチケットを購入ください。当日会場での発売はありません)

■チケット:Webチケット販売「イープラス」を通じてご購入ください。下記よりアクセスできます。
⇒ 申し込み
※当日券の販売はありません。当日、チケットのない方は入場できません。

■ご注意事項
※当日、取材のため動画、写真などの撮影があります。客席がうつることもありますのでご了承ください。
※講演の内容、時間などは主催者の都合により変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

イベント詳細(講談社現代ビジネス内特設ページ)

6月6日新刊発売

6月6日、新刊『情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ』、講談社より発売

6月17日の新刊出版記念トークイベントでは本の値段(\1300)で津田大介さんとの対談とサイン会があります。18時半から講談社にて。詳細はこちら

また、6月24日 京都の講演会では、事前にご連絡いただいた方に\1000で販売致します。

情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ
(2012/06/06)
西 きょうじ

商品詳細を見る


講談社HP
プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR