FC2ブログ

講演会にむけて構想中

次の講演会のために読み直している本を紹介します。

チンパンジーの政治学―猿の権力と性 (産経新聞社の本)
人間の政治家とチンパンジーの社会の権力の比較。われわれの「内なるサル」を突き詰めてみると面白い。

「統治」を創造する 新しい公共/オープンガバメント/リーク社会
現代社会における人間の統治の仕方への模索。

正義のアイデア
アイデンティティと暴力: 運命は幻想である

経済学からのアプローチ。

生物学的文明論 (新潮新書)

共生への生物学的モデル。

共感の時代へ―動物行動学が教えてくれること
共感は原初的なものであることを説明する。

創造的福祉社会: 「成長」後の社会構想と人間・地域・価値 (ちくま新書)
弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂 (講談社現代新書)

弱者を排除しない社会の在り方。

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)
弱者を排除しない社会をつくっていく手段として、ネットはどこまで使えるかの模索。

あと数十冊部屋に開きっぱなしの本がある。2時間で話すべき内容をどうまとめるか思案中です。なお、書名はクリックするとアマゾンで検索できます。

わたしたちの脳をどうするか―ニューロサイエンスとグローバル資本主義
ついつい読み込んでしまった。可塑性について。政治との類比は面白いが政治への接続が見えない。

床に開かれていたのをとりあげると一気にまた読んでしまった。星の王子様と並ぶと称されるだけある。強く望むと宇宙のすべてのものが協力して手助けしてくれる、というこの確信をもてるようになりたいなあ。

「傷つくのを恐れることは実際に傷つくよりもつらいことだとお前の心にいってやれ」と言う一節が妙にぐっときた。

「本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていただけなんだ」「目の前の兄弟を愛することができないのにどうして目に見えぬ人を愛することができるだろう」突きつけられてしまった。

何かをしない言い訳ばかり作っていてはいかんなあ。他者評価で仕事を選ぶばかばかしさなどは就職活動中の学生に読ませたい部分だ。大人になっても夢を適当なところで風化させてしまわないようにしたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR