FC2ブログ

6月24日講演会案内(京都)

西きょうじのポレポレ課外授業第3課 
「言葉を味方につけるために
 ~言語の獲得から共有まで~」 


言葉は両刃の刃、味方にもなりうるが、人を傷つけるばかりではなく自らを貶めるものにもなりうる。言葉を味方につけるために言葉そのものについて今一度ゼロから考えることから出発しましょう。 ソーシャルメディアの発達もあって、誰もが発信できるようになりネット上では言葉が過剰に発せられるようになりました。

その一方では震災後、政府、政治家やマスメディアの言葉を簡単には信じられないという状況が生じています。政治家は失言を繰り返し、マスメディアの一部は妄言を繰り返す。そうした中で「説得力ある言葉」「力ある言葉」を実感することが稀になってしまいました。

しかし、言霊としての言葉の力がなくなったわけではありません。そこで、今一度言葉の力を取り返すために何をなしうるか、をテーマに言葉との向き合い方を考えていきます。

まずは、赤ん坊が言語を獲得する過程から始め、人間にとってコミュニケーションは生命の維持と同等の価値を持つのだということ、さらには動物の意志疎通の仕方、我々とはまったく異なる言語(文字を持たない言語)を持つ人たちは思考過程がまったく異なることを実例とともに語ります。

次に、コミュニケーションの方法と可能性について、現状をどう切り開いていくか。言葉を受け取り、言葉を発し、不完全ながらもコミュニケートを果たし続けることで自分を取り巻く環境は変化します。過剰な饒舌でもなくひきこもった沈黙でもなく力ある言葉をどう発していくかを考えます。

最後に、ことわざや歴史的名言や古典の言葉をとりあげ、解説を加えます。力ある言葉に実際に触れ体感することで、日常生活の中に変化を引き起こし、明日への姿勢をたてなおしましょう。

この講演会を通じて、大いに笑い楽しみながら、自分が立っている場所を再確認し、気持ち新たに明日へ向かえるようになってもらえることを期待します。

【日時】 2012年6月24日(日)13:30-17:00 (12:45開場、18:00閉場予定)
【場所】キャンパスプラザ京都(京都駅徒歩1分)
【参加費】 2000円
【定員】 150名
※先着順にてのご参加となります。定員に達した後の申込となった方は、先着の方のキャンセル待ちとしてウェイティングリストに入れさせていただきます。キャンセルが出次第順次ご連絡いたします。
【申し込み方法】下記のフォームより情報をご入力ください。講演会運営事務局より事前に連絡を差し上げます。
講演会申し込みフォーム

【講師プロフィール】 1963年1月11日東京生まれ。神戸育ち。甲陽学院中学、高校を経て京都大学経済学部入学、文学部に転部。1985年文学部アメリカ文学科卒業後、2年のブランクを経て1987年から代々木ゼミナール講師になり、現在に至る。執筆参考書多数、中でも「ポレポレ英文読解プロセス」は発行後18年間「上位受験生のバイブル」として売れ続けている。東京で生活していると呼吸が浅くなることを実感し平成7年に野鳥の森のある軽井沢に移住。長くカリスマ予備校講師と称されてきたが、現在はツイッター、ブログなどを通じて社会に働きかけようとし始めているほか、予備校業界を超えて講演会活動、被災地の幼稚園等での紙芝居の読み聞かせ活動(「このはな草子」顧問)など広く活動している。 6月新刊「情報以前の知的作法~踊らされるな、自ら踊れ~」 (講談社)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR