FC2ブログ

講演会のお知らせ ボーダーズ 境界⇒越境⇒しなやかなセーフティボーダーの生成へ

ボーダーズ

境界⇒越境⇒しなやかなセーフティー・ボーダーの生成へ

私達は様々なボーダー(境界)内で生活しています。ここでボーダーとは、自分と他人、家族と世間、仲間と外部、会社と社会、そして国境、人間とそれ以外の生物、さらには大気圏といった制度的、物理的なものから、自分にとっての超えられない壁(感情的境界線)というようなメンタルなボーダーに至るまで広く含みます。

現代社会においては、ボーダーは刻々と更新されていきます。また、グローバル化によって国境というボーダーが確固たるものでなくなりフラット化の方向へ進む動きとボーダー内の独自性を維持しようという動きがせめぎ合っています。

今や既存のボーダー内に自分のセーフティーエリアを確保することは難しくなりつつあります。ですからリスクを冒してでも越境することが自らの安全確保のために必要となってきます。また感情的境界線を超えるのは思考や理念ではなく行動、つまり現実的な実践なのだということを具体例を示しつつ説明します。「自分を変える」と口に出す人が自分を変えられない理由は自分の環境を変える実践的行動を伴わないからなのです。

しかしそうはいってもボーダーレスというのは生命、自己、共同体の維持を脅かすものですからどこかに自らを守るためのボーダーを設定する必要があります。

今回の講演会では、既成のボーダー、自分で心理的に作り上げてしまったボーダー内で安住を求めることの危険性、さらにそのボーダーをどう越境していくか、そして自分や共同体を維持するためにしなやかな透過性の高い複数のボーダーを生成していくというゴールを目指して話します。

「まずは聞く力、読む力、受け入れる力を養うことから外部とつながれる自分を作ろう」というポレポレ課外授業第1課(「踊らされるな、自ら踊れ」の原型となりました)、「自分の殻には閉じこもっていられない、扉を開けよう、点から線へ、線から面へ」というポレポレ課外授業第2講、「人とつながるための武器としての言語」というポレポレ課外授業第3講、「社会と自分をつなげる仕事というものへの向き合い方」について考察したポレポレ課外授業第4課(いずれもUstで無料視聴可能です)を踏襲しながら、これからの時代の中で自分や共同体を守りながら新たな可能性を開いていく方法について一緒に考えていきましょう。


6月30日(日) 西きょうじのポレポレ課外授業 第5課「ボーダーズ〜境界⇒越境⇒しなやかなセーフティー・ボーダーの生成へ〜」申込開始です。下記フォームよりお申し込みください。  http://my.formman.com/form/pc/aQNBoUaFE4UcIJZf/ …

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR