FC2ブログ

オンラインサロン「ポレポレ現代社会トーク」オフ会第12回

オフ会12回「メディアをどう捉えるか」のためのメモ書き

メディア論とはマーシャル・マクルーハンによると「内容それ自体より伝えるメディアの形が重要であるとする」考え方。
そもそもメディアとは媒介なわけで、情報を媒介するもの全般と考えられる。
情報メディアはマスメディア、ミドルメディア(数千から数万までが対象 いわば閉じた系)、パーソナルメディアという3つに分類される。私たちがSNSで発信する場合、もちろん私たち自身もメディアなのだという意識は必要だろう。そして、メディア批判する場合には、批判する自分の言語がメディアによって形成されている要素があるので、批判対象から距離を置ける言語を使うようにすることが大切だ。
マスメディアには、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、SNSなどが含まれる。
新聞、雑誌がSNSに押されていることはいうまでもない、が、それは文字を読んで考えるというロジカルな思考行為が損なわれ、視覚情報、断片情報に反射的に反応するという行為が優勢になりつつある、という事態と平行している。だからといって文字、論理リテラシーの復活をうたうのは現実的に厳しいだろう、と思われる。フェイクニュースなども文字情報だけによるよりも映像を加えることでより脊髄反射的に伝達されるものとなるだろう。

 媒介は紙からPCへさらにはモバイルへと移行しており、モバイルへの加速は急激でインドでは月に700万人が新たな携帯契約をしている。そうなると情報の発信受信ともにモバイルというフォーマットに合うが優位になるというのは言うまでもない。携帯を利用するときの場所の制約性のなさはもちろんだが、身体的な要素も考えるべきだろう。携帯では新聞を一瞥するように広い視野で眺めることは難しい。ビジネスモデルとして断片化され視覚的インパクトを生む情報提示の仕方が優位になっていくわけだ。PCが果たしていた役割の多くを携帯が果たすようになるという変化はメディアの変化にとどまらず、情報発信受信のありかたに大きく影響していくだろう。ビジネスとして考えた場合、モバイルに適した情報発信をできるモデルを考えたものが先行していくだろう。私が、今ここに書いているような長い文章は情報としてはもはや化石のようなものだ。
 現在のネットニュースのありかたを見る限り、新たな方向に向かうビジネスモデルが確率しつつあるようには見えない、過渡期なのだろう。しかし、ニュースを伝えるという点におけるメディア全般にあるべき一貫性という点で見ると、ジャーナリズムの劣化は目を覆うばかりだ。ここに、マスメディアの問題点を列挙してみるので、気になる点、引っかかる点があれば、メモしてあとで話題に取り上げてください。
1 権力との癒着(特に日本では大手メディアの代表が政治家と食事するなど)
2 記者クラブというお友達組織(大本営発表にしかなりえない情報入手)
3 言語の定型化、常套句化。テレビのニュース番組など「舌鼓を打っていました」「子どもたちが躍動していました。」などなど、ニュース用の定型的言葉遣い。
言語はとても重要なのだが、その言説の仕方の定型化は情報そのものの中身のなさを露呈している、これは発信者の匿名性(つまり誰が発信しても同じこと)にも関わる。発信者の責任が回避されるからだ。
また、このような常套句ばかりが埋め込まれたニュースは見る価値がない。何も批評性もないからだ。天気予報ならばもちろんそれでいいのだが。
 4 ①,②の点で見るとテレビより、ラジオのほうが権力との距離は、権力による制約をうけにくい。ネットもそうであるはずだが、意外に権力的センサーシップが働いており、
政治的利用は容易なメディアであると言える。メディアが政治との癒着あるいは政治による圧力によって独立的ジャーナリズムの機能を果たしえないのと同様、新聞がテレビを批判できない(テレビ局と同系列であるから)という現状も共倒れになる様相を呈している理由だ。私はラジオというメディアの可能性(ミドルメディア的)に注目している。

5 情報の信頼性
速報 性、 情報 の 信頼 性、 ソース への アクセシビリティ、 などなどの要素があるが、 内田樹は情報の価値を「その 情報 に アクセス する こと によって、 世界 の 成り立ち について の 理解 が 深まる か どう か」においている。理想主義的ではあるが、ジャーナリストが考慮すべき要件だろう。第一次情報へのアクセスとそのコストを考えると二次情報的ネットメディア(パクリともいう)が増えている現状は仕方ないのかもしれないが、クラウドファンディングなどで支えていくことができればよいだろうなあ。情報は無料で提供されるものだという意識は払拭すべきだろう。

6 物語的構造
  いわゆる弱者憑依。
   マイノリティー側にたった報道をしておけば共感が得られ、批判されにくい。しかしそのときマイノリティーは個別性を越えて記号化されている。これはネットでも同様だ。
しかし、はじめはそのスタンスをとるにせよ、事後の調査およびメディアの中立性は必要だろう。

7発信者の匿名性
再び内田樹の言葉を借りると、「少し でも 価値判断 を 含む もの は、 政治 記事 に し ても、 経済 記事 に し ても、 その コンテンツ の 重み や 深み は、 固有 名 を 持っ た 個人 が 担保 する 他 ない と 僕 は 思う の です。   けれども、 僕たち が 今 読ま さ れ て いる、 聴か さ れ て いる 文章 の ほとんど は、 血 の 通っ た 個人 では なく、 定型 が 語っ て いる。 定型 が 書い て いる。」内田 樹. 街場のメディア論 (光文社新書)
もちろん、匿名性が大切な場合もある。「保育園落ちた、日本シネ」のような発言だ。
しかし、ジャーナリストの発言は今以上に署名記事に向かうべきではないか。

8メディアは社会的共通資本か 
ビジネスとして割り切ってよいものなのか?
社会共通資本として、医療・教育や電気道路などのインフラと同様に利潤追求の対象として市場的条件に左右されてはならない という原則を守るべきなのか?
ビジネスとして割り切るならば、消費税免除を訴えるのは筋違いであるし、それを訴えるならばビジネス以上に重視すべきことがあるのだという自覚を持つべきだろう。
9メディアは事件、戦争が好き 
そりゃそうだ、「今日は昨日と同じように平和な日でした」じゃニュースにならん。もしかしたら、メディアが取り上げるために事件が起きているのか?つまり何でもないことを事件化して扱っているのか?しかし、パーソナルメディアならば事件なき伝達も可能になるので、ミドルメディア、パーソナルメディアでそういう個人発、世の中の普通さ、良さを伝えることが増えていく方が社会の安定につながるだろう。ただし、でっち上げられたちょっといい話、では意味がない。

では、各人、メディアについて思うことを述べていきましょう。⇒ 各人の発表とそれに対するコメントなど、今回もかなり盛り上がる議論が展開しました。

皆の発言中、私が特に関心を持ったテーマは、「雑誌」というメディア、0年代と現代のネット空間の違い、文体論、メディアから距離をとって批判的に見る方法、インスタなど視覚的情報による文字のない文化への退行、といったあたりでした。
 次回は6月24日14時半、テーマは「自分が何にはまってきたのかの歴史を記述する⇒自分の好き嫌いの起源をたどる」
好き嫌いについては人は直感で決めてそれ以上思考しないことが多いのだけど、自分史的に掘り下げて、それを他の人と共有することで新たな発見があるのではないか、という回です。次回は参加メンバー一人につき二人まで知人を連れてきてくれてよいという形にしてみます。参加申し込みのときに同伴される方の名前、人数を伝えてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「好き」というテ-マについて私も考えを巡らせていた時にタイトルに惹かれて「知の体力」という新書を読みました。読み終えて思ったことは、偶然手にした本にも好きという感情が左右しているのかしらということです。数多くある本の中からある一冊を選ぶのですから、少なくともその本を好きであると思うのです。また、この本の中で紹介されている本や人(偶然ですが、岡潔の話もあり嬉しかったです)は私もよく手にとる著書が多く、不思議な縁を感じました。
好きな著者と私を、さらに、好きな著者の好きな著者と私の関係性から何か自分の好きのル-ツが見えてくるのかしらと思いました。
ちょっと頭が混乱してきたので、また、ゆっくり考えてみます。

Re: No title

オフ会、私の同伴枠あと一人余っていますが、参加されますか? 今回はなぜか女性が多い会になりそうです。私はピアニストの卵(女性)を一人同伴予定です。 好きの歴史と偶然性、そして実は遺伝も関わっている、というあたりから会を始める予定です。> 「好き」というテ-マについて私も考えを巡らせていた時にタイトルに惹かれて「知の体力」という新書を読みました。読み終えて思ったことは、偶然手にした本にも好きという感情が左右しているのかしらということです。数多くある本の中からある一冊を選ぶのですから、少なくともその本を好きであると思うのです。また、この本の中で紹介されている本や人(偶然ですが、岡潔の話もあり嬉しかったです)は私もよく手にとる著書が多く、不思議な縁を感じました。
> 好きな著者と私を、さらに、好きな著者の好きな著者と私の関係性から何か自分の好きのル-ツが見えてくるのかしらと思いました。
> ちょっと頭が混乱してきたので、また、ゆっくり考えてみます。

No title

こんばんは。誘って頂いてありがとうございます。ちょっと外せない用事があり参加出来ないのですが嬉しかったです。
好きに遺伝性があるとはなるほどですね。私がクラシック、特にショパンが好きとか、松園が好きとか、後、お香にはまっているとか、その他にも芸術全般に興味が尽きないのは父にそっくりですね。すごい!父に感謝ですね。
先生、小野美由紀さんにはまっていますね。私の岡潔と一緒ですね。
今日は「Vision」という映画を観て、岡の愛した奈良の美しい景色や話の中で急に数学に関係する言葉が出てきたりして、好きの偶然性も多いに感じた一日でした。

Re: No title

ではまたの機会に。Visionですね。覚えておきます。
> こんばんは。誘って頂いてありがとうございます。ちょっと外せない用事があり参加出来ないのですが嬉しかったです。
> 好きに遺伝性があるとはなるほどですね。私がクラシック、特にショパンが好きとか、松園が好きとか、後、お香にはまっているとか、その他にも芸術全般に興味が尽きないのは父にそっくりですね。すごい!父に感謝ですね。
> 先生、小野美由紀さんにはまっていますね。私の岡潔と一緒ですね。
> 今日は「Vision」という映画を観て、岡の愛した奈良の美しい景色や話の中で急に数学に関係する言葉が出てきたりして、好きの偶然性も多いに感じた一日でした。

No title

そうです。Visionです。河瀬直美さんの作品です。私、彼女の作品が好きなので。昨日、公開したばかりです。映像が圧巻でした。そして、とても神秘的な物語でした。後、エンディングの音楽も良かったです。
プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR