FC2ブログ

身体で書くクリエイティブライティング

先日「身体で書くクリエイティブライティング」小野美由紀さん主催ワークショップに参加してきました。休憩を挟んで10時間に及ぶワークショップ。
午前は身体を使って、身体の動きによる閉塞感の解放、つまり、気を発散して巡りを良くする。次に他者の身体に触れ共調し、さらに協働する、つまり身体的コミュニケーションによる自我の解放。主観と客観の境界が溶解されるような動きによる他者との融合感覚、さらには個が集まって集合体を意識し全体に同化してみることによる個の環境への融和と環境との交通といったことを順に行いました。これによって自他の障壁への意識を減らし内外に流れを作ることによる動的平衡状態の実感が得られます。
午後は、絵、音楽から感じることを即興でストーリー化するなど脳を刺激する練習。さらにそれを互いに見せ合うことで自分の環世界への自覚と多様な環世界の存在の許容を促す。私は音を聞いた時に浮かぶ色のイメージが多様なのに驚きました。私は音と色のイメージはかなり数学的に結びついたものでありそれほど恣意的なものではないと思っていたからです。
最終的に内面を言語化し表出する実践へ。内面に様々なことを抱えている人たちがそれを身体的に言語化しようと格闘することで自らが浄化され、時に同じようなトラウマを抱え込むものをも浄化していくという現場に居合わせることができてよかった。書くという行為自体の癒し効果。実は私自身も「そもそも」で一度経験していました。自己表出による浄化、話すことでも音楽でもダンスでも可能なことなのでしょう。社会の中で生きているとそれだけで澱みのようなものがたまっていくものだから、時々浄化しておくほうがいいのだろうなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR