FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体で書くライティングワークショップ

先に書いた「身体で書くライティング」のワークショップでは、次々と課題が出されそれに応じて短時間で書くというワークがあったのですが、その一つに子どもの頃書いたものを思い出して書いてみよう、という課題がありました。
45年から50年ほど前のことを一生懸命思い出そうとしましたが、昔の出来事は思い出しても自分が書いたものを思い出すのはなかなか困難でした。しかし、一つ思い出すと次々に記憶がよみがえってきました。
 そして思い出したものに一貫性があることに気づいて、思い出す回路が今につながるようになっているのか、本当に昔から今まで一貫しているのか、どうなのだろう、と思いました。
 思い出したのは、概して自然と人工、曲線と直線、無菌状態と汚れのようなことを書いた記憶でした。
 「部屋から見える景色を描こう」という学校の宿題に対して、私は自分の団地のすぐ目の前にある同じ形をした団地の絵を描きました。完全に無個性で無機質な直線だけの建物を定規でサイズを測り画用紙に余白なく正確に再現しました。ただし人が住んでいる気配などはすべて排除して。その絵は先生に怒られたのですが、なぜ怒られたのかいまだによくわかりません。色を塗らなかったからか、直線しかなかったからか、手を抜いたと思われたからか…
 同じモチーフで文章を書いたこともあります。10歳くらいの頃かな。
「人工的な直線だけの道路。直角の交差点。ぼくのからだは曲線なのに。」
「かぶと虫が40匹かえりました。虫と土のにおいがします。部屋の白い壁に土をぬりつけてみました。お母さんはそれをみて、そうなのね、とだけいいました。叱られると思っていたのに。ぞうきんで拭けともいわれなかったので、その壁には土のあとがずっと残っていました」 
「木から落ちました。血をなめたら金属の味がした。」
こんなことばかり書いていたわけではないと思いますが、こんなことを書いていたということばかり思い出しました。小学校の卒業文集でも(震災でなくなってしまいましたが)、
未来の人工的に漂白された町の姿を書いていました。白、直線、人工的な緑地、音のしない車などについて。山でウリ坊を追いかけて遭難するような子どもだったので、無菌状態の環境への嫌悪感が強かったのでしょう。
大人になってからは「直角に曲がれ、覚悟を決めて」(吉増剛造だったと思う)というような言葉に感動するようになりましたが、それは自らのぬるい現状への不満が強かったからなのだろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

北米で話されている英語について知りたいです。

Re: タイトルなし

> 北米で話されている英語について知りたいです。
質問の趣旨がわかりません。CNNなどを見れば北米の英語に接することができますが…
TEDだといろいろな人たちの英語に接することもできます。
プロフィール

西きょうじ

Author:西きょうじ
予備校講師歴も30年以上になりました。いろいろなことがありましたが、様々な方向へと越境しつつ自分を更新していきたいと思っています。

参考書「英文読解入門基本はここだ」「ポレポレ英文読解プロセス50」「情報構造で読む英語長文」「リーディング&ボキャブラリー」「英文速読のナビゲーター」「英文の核」「英文法の核問題演習編」
一般書「踊らされるな、自ら踊れ」「越境へ」(共著)「仕事のエッセンス」「そもそも」「星の王子様さまを英語で読もう」

カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。